スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貴女ノ為ノ此ノ命。


「春風香る四月に謌う純恋歌...。」

根暗、引篭もりの僕、無口だけが取り柄です。
寂しくなんてないよ、だからお構いなく。
悪趣味異性観察、楽しくて堪らないよ。

理解不能奇声罵声、今日も張り切って生きますです。
幼稚プレイは飽きました。さらば人工幼少褄。
どうせならリアルでしょう?窓際レンズを覗く。
何時間経ったでしょう?理想そのもの貴女。
運命の人と気付くのは遅すぎた...。

何故ですか?貴女を知らないのに、こんなにも胸が痛むのは。
理解らないだけど愛しい。苦しいよ、貴女を見てる「脳」が。

名前も知らぬレンズ内の貴女、声は届かず触れる事もない。
こっちを向いて僕は隠れるから、悲し過ぎるよこんなに側に居るのに...。

いつか僕に気付く日があるとしたら、貴女はきっと怖がるだろう。
逃げ出すだろう。不安に気が狂う。

独り歩きの届かずの思い、理解ってるのに止まらぬが恋。
貴女が僕に気付く日は来ない。理解ってました。諦めてました。
ある晴れた朝、いつものようにレンズに映る名も知らない貴女。
声も掛けれぬ触れられもしない。だってそうでしょ?

「全ては妄想だもの...(死笑)」
スポンサーサイト

| 自由蝶ホーム |

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://tororo121.blog123.fc2.com/tb.php/18-9dff8eb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。